妊娠が発覚するとサプリメントの使用が気になる

妊娠が発覚するとサプリメントの使用が気になる

日々健康や美容のためにサプリメントの摂取などを続けてきた女性にとって、妊娠はサプリメントの使用を止めるか継続するかの重要なポイントになります。
妊娠中は摂取してはならない食べ物が少なくはなく、積極的に食べた方が良いものと避けるべきものに分かれてしまいます。

例えばビタミンAの過剰摂取は胎児を奇形にしてしまう可能性が高くなりますし、リンも体内には必要な成分ですが過剰摂取になるとカルシウムや鉄分を排出するので、やはり程々にしなければなりません。

また、このようなものはサプリメントの有効成分だけでなく、添加物が入っていたり、気を付けているつもりで過剰摂取になってしまっているケースがあったりするため注意が必要です。

ラクトフェリンを普通に飲むなら問題はない

結論から言えば、これは牛乳に含まれている成分ですのでラクトフェリンサプリメントを摂取したからと危険になるわけではありません。

そもそも母乳にも含まれていて、赤ちゃんの頃から当たり前に摂取をしているものですから生まれる前であっても影響はないという見解が有力です。
今まで通りにラクトフェリンサプリメントを使っていても問題はないのですが、日頃からラクトフェリンサプリメントの使用量を超過して飲んでいる場合には注意が必要になります。

過剰摂取でも問題はないと言われていますが、一部ではかゆみや発熱、呼吸障害などの症状が出ていることもあり、妊娠中は平常時と違って体調が大きく変化しますので過剰摂取は避けた方が良いでしょう。

妊娠中の体調不良はお腹の中の赤ちゃんに配慮して医学的な処置が限定されてしまいます。
万一体調不良を引き起こしたとしても対処が出来ませんので、程々に飲むようにしましょう。

母体の免疫力の向上や腸内環境を正常化させる

母体の免疫力の向上や腸内環境を正常化させる

規定量を守って飲めば全く問題ないラクトフェリンは、むしろ妊娠中には摂取した方が良いものと言えます。
妊娠中は体調不良を起こしても薬が使えませんのである程度は自力で治さなければなりません。インフルエンザや風邪を引いて熱が出たとしても、それがよほど重症化しない限りは薬を使っての治療も出来ないので苦しい思いをしながら治るのを待たなければならないのです。
病気に罹らないようにするには免疫力を向上させる必要があり、ラクトフェリンサプリメントを飲むことによって免疫力を高めることが出来るので病気に罹りにくくさせます。

仮に感染症に罹ってしまったとしても免疫力が高いと回復力も高いので、苦しむことなく治すことが出来るのです。
また、お腹が膨らむことで腸が圧迫され、便通が不安定になることがありますが、腸内環境を正常化させてくれるので乱れた便通を整えてくれます

腸内環境が乱れると栄養もうまく吸収してくれないのでお腹の赤ちゃんにも栄養が行き渡らずにたくさん食べているはずなのに栄養が不足しているということにもなりかねません。腸内環境を整えてあげるのは赤ちゃんの成長を促す意味でも重要なのです。

妊娠太りを防いでくれるラクトフェリン

妊娠太りを防いでくれるラクトフェリン

妊娠中は胎児が成長するのでどうしても体重が増加してしまいますが、この体重増加は赤ちゃんの成長分だけではなく脂肪が付着して増加するという場合もあります。

平常時は食べすぎても運動をするなどしてカロリー消費が可能ですが、妊娠中は激しい運動は出来ませんし、段々とお腹が大きくなると思うように動くことも出来ません。
それなのに赤ちゃんの分まで食べなければと食事量が多くなるので、どうしても太りやすくなってしまいます。

ラクトフェリンは、脂肪に対する代謝を良くし、内臓脂肪を抑制してくれる力があるためダイエットサプリとしても使えるほど脂肪に対する効き目があります。

あまり太ってしまうと妊娠線が出来てしまい、この妊娠線は一度出来てしまうと痩せて元通りの体型になったとしても結局は残ってしまいます。
クリームなどを付けて外側から妊娠線を予防するばかりではなく、ラクトフェリンサプリメントを飲んで太るのを回避して妊娠線を内側からも予防してあげると効果的になります。

歯周病による早産リスクを防ぐラクトフェリン

妊娠中はホルモンバランスの影響で体調に様々な変化が現れますが、実はその中でも注意したいのが早産リスクを高める「歯周病」です。

妊娠中の体調変化で歯や歯茎の調子が悪くなりやすく、これを「妊娠性歯肉炎」といいますが、妊娠性歯肉炎が悪化し、歯茎の炎症が進行すると歯周病組織であるプロスタグランディンE2という成分が増えてしまいます。

このプロスタグランディンE2は、陣痛促進剤としても使われるもので、子宮頸部の拡張や子宮の収縮を促進させて早産のリスクを高めます。実際に、アメリカでは早産患者の歯周病率の高さについて報告されている例が多数挙げられているほど。

しかし、妊娠中は治療に制限があり、レントゲンやお薬、麻酔を使うことは難しいため、歯医者さんでも歯周病治療はオーラルケアが中心となります。そこで注目したいのがラクトフェリンに歯周病を予防・改善する効果があるということ。ラクトフェリンは歯周病の炎症の原因である毒素、LPS(リポ多糖)を無効化してくれるのです。

細菌による早産リスクも防ぐラクトフェリン

膣内の細菌感染症である「細菌性膣炎」は早産となるリスクがあります。細菌性膣炎になると、膣内の感染症予防機能がうまく働かず、早産を繰り返すという危険性も。

また、お腹の中の赤ちゃんにとっても、感染症は深刻な問題です。

そのため妊娠中に限らず、妊娠前から感染症を防ぐ意識が必要になります。

膣の周りには尿道や肛門周りの細菌が数多く存在します。本来、膣にはデーテルライン桿菌という乳酸菌の一種がいて、乳酸を発生させることで膣内を酸性に保ち、膣に細菌が侵入してこないように守ってくれています。しかし、生活習慣やストレスによって膣内の細菌バランスが崩れると、細菌が侵入してしまい、細菌性膣炎となってしまうのです。

病院では洗浄や抗生物質によりこれらを治療することはありますが、生活習慣やストレスなどの根本的な解決をしていないと同じ状況を繰り返し作ってしまう心配が。

この膣内環境を改善するためにおすすめなのがラクトフェリンです。ラクトフェリンは腸内環境を改善し、膣回りの環境を整えたり、感染症予防にも効果が認められているからです。実際に、早産をしてしまう妊婦さんと正常妊娠をされた妊婦さんの腸内環境を比較すると、住み着いている細菌に違いがあることがわかっています。

ラクトフェリンと一緒に、乳酸菌や乳酸菌の働きをサポートするデキストリンやオリゴ糖などを摂るのも良いでしょう。

妊娠中の体質変化に注意

このようにラクトフェリンは妊娠中でも安心して飲むことができ、適量に抑えれば特に問題はありません。
母体にも非常に良い効果を出してくれるので胎児に影響を出さずに使うことが可能です。

しかし、サプリメントの場合はラクトフェリン以外にも添加物やその他の有効成分も配合されています。サプリメントを飲み始めるまえに、メーカーもしくはかかりつけのお医者さんへ確認は摂りましょう。もし使用推奨量を飲んでいて何らかの症状が起こった場合はすぐに中断をし、医師に相談をしてください。

妊娠中は体調が変化するばかりではなく、体質も変化することがありますので今までは平気だったのに妊娠したら途端に駄目になった、ということもないわけではありません。
これはラクトフェリンが駄目になったというよりはサプリメントに含まれる何らかの成分に影響がある可能性もありますし、ラクトフェリンは生乳由来成分ですから、牛乳そのものに抵抗が出てしまっている可能性もあります。

良い効果をもたらすものではありますが、やはりお腹の中の赤ちゃんが第一ですから、注意して使用をするようにしましょう。

下記はおすすめのサプリメントをまとめた記事になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

注目の「ラクトフェリンサプリ」はコレ!