ラクトフェリンの働き

ラクトフェリンは哺乳類の母乳に含まれる成分で、哺乳類の中でも特に人間の母乳、それも出産直後に分泌される初乳に多く含まれている成分です。初乳には生まれたばかりで体の弱い赤ちゃんが病気にならないように細菌やウイルスの増殖を防ぐ防御因子が豊富に含まれていますが、その中の1つということになります。

この母乳由来のラクトフェリンは1939年にデンマークの科学者によって発見されました。名前の由来は「ラクト(ミルク)」と「フェリン(鉄分)」であり、その名前の通り鉄分と結合しやすいという特徴を持っています。

もう1つの特徴として、胃酸の影響を受けやすいということがあります。

生まれたての赤ちゃんは消化機能が十分ではないので胃を通過して腸まで有効成分が届きますが、大人の場合は食べ物から摂取しようとしても有効成分の大部分は胃で分解されてしまうので腸まで届くことができません。

効果を実感するためには腸まで届くサプリメントなどを使用するのがオススメです。

美肌やダイエットに効果的

美肌やダイエットに効果的

母乳由来の成分を配合したヨーグルトやサプリメントが人気となっていますが、その理由の1つに優れた美肌効果があります。

母乳にはたくさんの防御因子が含まれていますが、その中でも特にナチュラルキラー細胞(NK細胞)が多いのが特徴です。

T細胞やB細胞といった他の防御因子はウイルスや細菌など何らかの異常を発見してから作られますが、NK細胞は常に存在していて体の異常を探し回っています。そして、異常を発見するとすぐさま攻撃に移ります。このように最前線の見張り役であるNK細胞を活性化することで病気になりにくくなるのはもちろんのこと、体内の毒素を排出してニキビなどの肌荒れのリスクを減らしてくれます。

もう1つ、ダイエット効果があるのも人気の理由です。

食事などで摂取した脂肪はリパーゼという酵素で分解されますが、リパーゼが十分に機能せずに分解しきれなかった脂肪は中性脂肪になって皮下脂肪として蓄えられてしまいます。
母乳由来の成分にはリパーゼを活性化する働きがあるので脂肪を効率的に分解して皮下脂肪が付くのを抑えてくれます。

ラクトフェリンの効率的な摂り方

ラクトフェリンの効率的な摂り方

このような美肌効果やダイエット効果を実感するためには1日に150mg~300mgほどの有効成分を摂取することが必要になりますが、食品だけでこの量を摂取するのは難しいのが実情です。

そもそも母乳由来の成分ですから乳製品には多く含まれていると考えがちですが、加熱処理によってそのほとんどが失われてしまっています。殺菌処理されていない生乳を原料としたナチュラルチーズやヨーグルトもありますが、その場合でも1リットル以上の生乳を摂取しなければなりません。これではカロリーのとり過ぎになってしまうのでダイエット目的で摂取する意味がなくなってしまいます。

有効成分だけを摂取できるサプリメントを上手に活用するようにしましょう。副作用については特に心配する必要はありません。

そもそも、抵抗力の弱い赤ちゃんが摂取することで体を守る成分だからです。サプリメントを使用した場合には過剰摂取につながる可能性もありますが、あまりたくさん摂取してしまうと腸の働きが活発になりすぎて下痢になってしまうことがあります。

相乗効果で大きな効果を得よう

相乗効果で大きな効果を得よう

ラクトフェリンは鉄分と結合しやすい性質があることは既に説明しましたが、これは腸内の悪玉金を減らすのに効果的です。悪玉菌は鉄分を栄養にして増殖しますが、その鉄分を奪ってしまうことで悪玉菌の増殖を抑えるからです。

また、腸内の善玉金であるビフィズス菌のエサになることで腸内環境を改善してくれる効果もあります。

同様の効果を持つものに乳酸菌がありますが、乳酸菌はタンパク質ではなく菌なので、腸内で増殖して善玉菌そのものとして働きます。

一方でラクトフェリンの役割はあくまでも善玉菌を増やすということになるので両者の働きは補完関係にあります。

ですから、この2つの成分を一緒に摂ることで相乗効果を期待することができます。最近は両成分が配合されたサプリメントも増えているので、頑固な便秘でお悩みの方にはそのようなサプリメントを選ぶのがオススメです。

まとめ

母乳には赤ちゃんが健康を維持するために必要な免疫機能がたくさん含まれていますが、その中の1つがラクトフェリンです。

ラクトフェリンには反応が早いナチュラルキラー細胞が特に多いので、お肌の異常を見つけると即座に対処してお肌をニキビなどのトラブルから守ってくれます。

また、脂肪を分解する酵素であるリパーゼを活性化することで余分な皮下脂肪が付くのを防いでくれる効果もあります。このような効果を実感するには1日あたり150mg~300mgほどの摂取が必要ですが、殺菌処理すると有効成分が失われてしまうので食品からの摂取は簡単ではありません

効率的に摂取するにはサプリメントの活用も重要になります。副作用についてはほとんど心配ありません。

便秘でお悩みなら乳酸菌と一緒に摂取するのがオススメです。どちらも腸内環境を改善するので相乗効果が期待できます。