ラクトフェリンとノロウィルスに対する感染抑制作用について

ラクトフェリンとは哺乳動物の乳に含まれている糖たんぱく質です。生まれたばかりの赤ちゃんは様々な病原菌に対する免疫力や抵抗力を持ち合わせていませんが、母乳に含まれているこの成分のおかげで、病原菌から自分の生命を守ることが出来ます。

この成分には、生物が生きていくための様々な効能を持っており、免疫調整力や抗菌、抗ウィルス効果、鉄の吸収率を高めてくれる効果、炎症を沈めてくれる効果、体内の脂質の代謝を高めてくれる効果などがあります。

中でも最近注目されているのが、ノロウィルスに対して高い感染抑制作用があるということです。菌に感染すると下痢や嘔吐などの症状があります。特に病気に対する抵抗力の低い子供や高齢者が感染しやすいので注意が必要です。保育園や幼稚園、小学校や老人施設などで感染し、家庭内でもさらに二次感染しやすいため、一般家庭でも用心しなければならない病気の一つなのです。

ノロウィルスは感染症の胃腸炎です

ノロウィルスは感染症の胃腸炎ですこのウィルスは感染者を通じて一気に集団感染してしまう病気であるため、注意が必要です。感染性胃腸炎になるため、激しい腹痛や下痢、嘔吐を一日に何度も繰り返しますので、感染するとかなりの体力を消耗することになるでしょう。免疫力の低い子供やお年寄りの場合だと、症状がさらに重くなり、ひどい場合は一日20回以上の下痢がある場合もあります。感染経路は感染者の糞便や吐瀉物などです。

また汚物が乾燥すると乾燥したウィルスが空気中に広がり、感染してしまう場合もあるでしょう。他には感染者が調理作業者だった場合、調理された食品や食器などを媒介にして感染してしまうケースもあります。厚生労働省の調査によれば感染場所は飲食店がおよそ7割、旅館が1割、弁当の仕出屋で0.8割です。

また回復した後も一か月間は糞便の中にウィルスを排出させていますので、誰もがウィルスに感染する可能性があるといってよいでしょう。そのため、公共機関にあるトイレを利用した際は特に手洗いを念入りにする必要があるといえます。

☆おすすめ記事 腸まで届くサプリはどれ?⇒11種類のラクトフェリンサプリを効果で比較してみた!

有効なワクチンを作ることが出来ない理由とは?

このウィルスは現在のところ効果のあるワクチンはありません。開発が難しいワクチンである理由には、この病原菌は人の身体の中でしか育つことが出来ないという特徴があるからです。

そのため、ウィルスに対する効果的な薬もありませんので、感染後や胃腸薬で症状を抑えるか、嘔吐の症状に対しては吐き気止めで吐き気を抑えるしか方法がありません。人は、一度かかったウィルスに対しては、そのウィルスに対する免疫力が体内で生まれるため、再び同じ病気にかかる可能性は低くなります。もしかかったとしても、症状は軽く済みます。

しかしノロウィルスに関しては、この免疫力は全く関係ありません。一度ひどいウィルスに感染したとしても、何度も感染してしまうのです。感染を予防するには、手洗いを念入りにすることしかありません。手洗いは30秒以上石けんをつけて洗わなければ、ウィルスを洗い流すことは出来ませんので、丁寧にしっかりと洗いましょう。

ラクトフェリンを毎日摂取するとノロウィルス感染リスクを下げられる

ラクトフェリンを毎日摂取するとノロウィルス感染リスクを下げられるある研究によればラクトフェリンを毎日摂取すると、ノロウィルスに感染しにくくなるというデーターがあります

感染したとしても嘔吐や下痢などの症状を軽くすることが出来ます。週に何度か摂取するよりも毎日摂取し続けた方が、ウィルス感染のリスクをより下げることが出来ます。

ウィルスに感染すると、体内に侵入したウィルスは腸の器官に入り込むため、腸機能の働きを低下させていきますので、下痢が何度も続いてしまうのです。ラクトフェリンは、腸内の免疫力を高めてくれる働きや感染症胃腸炎の症状を抑制してくれる効果があります。ウィルスの侵入に対し、腸壁にピッタリと張り付いた状態で腸内に侵入したウィルスの攻撃から守ってくれます。

また、胃でラクトフェリシンという物質に変化し、ウィルスと結合し腸への侵入を阻害していくため、ウィルスの猛威を防ぐことができるのです。

ラクトフェリンでノロや他の病気を予防しましょう

ラクトフェリンでノロや他の病気を予防しましょうラクトフェリンは哺乳類の乳に含まれている成分で、免疫機能を調整する力や抗菌、抗ウィルス効果などがあります。ラクトフェリンを服用し続けるとノロウィルスに感染しにくくなります

週に何度か摂取するよりも、毎日規定量を摂取し続けることによって、より感染リスクを下げることが出来ますので、毎日サプリメントなどで摂取し続けるとよいでしょう。

このウィルスは有効なワクチンもなく、感染すると激しい腹痛や下痢、嘔吐を一日に何度も繰り返します。感染後は、一か月間の間、便の中に菌を排出していくため、公共機関のトイレを使用した時は、特に念入りに手洗いをしてウィルスの感染を予防しましょう。

子供やお年寄りはウィルスに対する抵抗力や免疫力が低いため、ウィルスに感染すると症状が重く出る場合もありますので、要注意です。保育園や幼稚園、老人施設などの集団感染には気をつけましょう。

>>ラクトフェリンサプリのランキングをチェック!