ぽっこりお腹の正体は内臓脂肪

ぽっこりお腹の正体は内臓脂肪

男性の場合、若い頃は痩せていてもある一定の年齢になると太りやすくなりお腹が出てきます。
女性のように満遍なく肉が付くわけではなく、お腹だけが出てまるで妊婦のような不自然な太り方をするので非常に目立ちやすくなってしまうのです。
いわゆる、内臓脂肪(腹部脂肪)型のメタボリックシンドロームです。

服のサイズも大きく変化をしていきますし、見た目にもよくありませんので女性からの評価も著しく変わってしまいます。

見た目の問題だけならば放置していて問題はないのですが、見た目だけではなく健康に影響を及ぼす可能性が非常に高いため放置をしておいてはいけないのです。
内臓脂肪でお腹が出ているのは、単にお肉(脂肪)が肥大して厚くなっているためではなく内臓周りの肉に脂肪が付いて起こるものです。放置すると糖尿病や高血圧症、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こし、心筋梗塞や脳出血などの命に関わるような病気に繋がる可能性が出てきます。

内臓脂肪が付きやすいのは男性

統計的にも脂肪がつきやすいのは女性です。同じぽっこりお腹でも、エストロゲンというホルモンの影響で、女性の多くは内臓脂肪ではなく皮下脂肪がついている方が多いです。

男性の場合はエストロゲンの分泌が女性のようにあるわけではないので、どうしても皮下脂肪ではなく内臓脂肪に振り分けられてしまうのです。

このため、中年になってからぽっこりお腹が印象的なリンゴ体型になってしまうのは男の方が圧倒的に多いのです。同時に生活習慣病になりやすい土壌を作りやすいのも男であると言えますから、ウエストが気になったらダイエットを始める必要があるのです。

このぽっこりお腹の原因である内臓脂肪に効果があるとして注目されているのがラクトフェリンです。
どのように効果があるのでしょうか。

ラクトフェリンには内臓脂肪を減らす効果がある

どのようにぽっこりお腹に効果があるのかと言うと、ラクトフェリンは脂肪細胞に直接働きかけ、

  • 内臓脂肪を分解してくれる作用
  • 脂肪の合成を防いでくれる作用

の2つがあるため、お腹周りに効果的と言えるのです。

マウスを用いた実験で、ラクトフェリンを投与することによって血中や肝臓の中性脂肪や遊離脂肪酸、コレステロール値が減少していることが分かっています。
また、小腸の脂肪を溶かすことも出来る効果があることも分かっていますので、お腹周りのダイエットに効果が期待出来るのです。

なぜこのように脂肪を減らし、予防することができるのでしょうか?それは、ラクトフェリンがぺリリピンの生成を防ぐ効果があるからです。

ぺリリピンとは、脂肪を覆っている「脂肪滴表面タンパク質」のこと。脂肪はリパーゼという体内酵素の働きで分解がされますが、このペリリピンがあると脂肪を分解することができないのです。

ペリリピンが生成されていないと、リパーゼは脂肪を分解することができ、分解された脂肪はエネルギーとして消費することができます♪

ラクトフェリンがもたらすぽっこりお腹に嬉しい効果

ラクトフェリンがもたらすぽっこりお腹に嬉しい効果

ラクトフェリンがメタボリックに効果的なのは、脂肪分解作用によるものだけではありません。

  • 新陳代謝の向上
  • 血行促進
  • 腸内環境正常化
  • 中性脂肪の合成を阻害する

などの効果で、太りにくく痩せやすい体質をつくることができるのです。

ダイエットといえば代謝アップ!というキーワードをよく耳にしますよね。新陳代謝は何もしなくても消費する体内のエネルギーのこと。心臓を動かしたり、呼吸をしたり、無意識につかわれるエネルギーです。新陳代謝があがると、何もしていなくてもよりたくさんのエネルギーを消費することができます。

また、血流は体内の栄養を運ぶ役割も担っています。リパーゼによって分解された脂肪も同様。分解された脂肪は血流にのって肝臓に運ばれてエネルギーとなります。しかし、血流が滞れば脂肪が流れないので蓄積される一方になってしまいます。

さらに、排出をする役割を持つ腸の動きが悪ければ、毒素はいつまでも体内に留まってしまいます。便秘はポッコリおなかを招くだけでなく、不要な栄養素や毒を吸収してしまう原因にもなります。

血行や腸内環境を整えておくことはダイエットに重要なことです。ラクトフェリンは腸内環境を整える効果も高いため、ダイエットの強い味方になってくれます。
いずれにしてもラクトフェリンは抜群の効果を持っていると言えるのです。

ラクトフェリンだけに期待するのはNG

ラクトフェリンだけに期待するのはNG

以上のことからラクトフェリンは男性特有のぽっこりお腹を解消するのに非常に役立つと言えます。

しかし、様々な効果が期待出来るからと頼りきりになって何もしないというのは問題です。
ぽっこりお腹を改善するためにラクトフェリンを積極的に摂取をすれば良いわけではなく、食事制限や運動などを取り入れて、分解した脂肪をエネルギーとして消費する必要があります。

ダイエットとの相乗効果を期待することは出来ますが、ラクトフェリン単体で頼りきりになってしまうと乱れた生活習慣で培っている悪い効果に押されてしまい、効き目が台無しになってしまうことが考えられます。

メタボリックシンドロームは、将来健康を損なわないためにも早い段階で対処をしておく必要があるでしょう。

健康を損なって苦しい思いをするのは他の誰でもなく自分自身ですから、ラクトフェリンを摂取しつつダイエットに励んで男性に多いぽっこりお腹を解消させましょう。