ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンとは、1939年にデンマークの化学者らが発見した成分です。牛乳に含まれている成分として発見されました。
ラクトフェリンとは母乳に含まれるたんぱく質の一種で、唾液や涙にも含まれています。
人間以外でも哺乳類の乳には含まれています。人間の場合は、初乳を飲ませることが重要視されているのは、赤ちゃんにとって免疫力を付けさせるために重要な役割を果たしているからです。
ラクトフェリンの性質は、熱に弱いということと、鉄と結合する性質があります。
熱に弱いために、加熱処理しているものには含まれていません。よって、私たちが食品から十分な量のラクトフェリンを摂取することは難しいと言えます。
健康と美容に幅広い効果のあるラクトフェリンは、子どもから大人まで必要な成分です。

ラクトフェリンの主な働き

ラクトフェリンには多くの働きがあります。
健康面では、免疫力を上げる効果、アレルギーの予防、便秘を解消する効果、腸内の善玉菌を増やす効果、内臓脂肪を分解する効果、鉄の吸収を促進する効果、ストレスを和らげる効果、骨粗しょう症を防ぐ効果、ドライアイを防ぐ効果などがあります。
ウイルス感染を防いでくれるので、病気の予防効果が高いです。
ナチュラルキラー細胞の活性化が期待できるので、がん細胞やウイルスに感染した細胞を見つけ出すことができ、攻撃することで身体を守ってくれます。
美容面では、コラーゲンの生成量を増やすことができるので美肌効果があります。また、活性酸素の過剰発生を抑制する効果があるので老化の予防効果があります。

ラクトフェリンサプリとは

ラクトフェリンサプリメントとは、食品で摂取することが難しいラクトフェリンという成分を確実に摂取するためのものです。
サプリメントによって違いはありますが、水で飲み込むタイプからトローチタイプ、噛み砕くタイプなどあらゆるタイプが存在します。
また、ラクトフェリンを配合したサプリメントがある一方で、同時配合されている成分として美容効果の高い成分や、ラクトフェリンそのものと相性がよい成分、ビタミンなどを配合したものなどがあり、個性豊かなサプリメントが多くあります。
ラクトフェリンの配合量にも違いがあり、20mg程度の配合量のものから一般的に多く見られる300mg配合のもの、600mg配合のものなど多岐に渡っています。
しかし、必要量が摂取できるように、1粒あたりは100mgの配合となっているものが多いことが特徴としてあります。