「ラクトフェリンは健康に効果がある」と耳にすることがありますが、ラクトフェリンがどのようなものなのかご存知でしょうか?

風邪を引きやすい、便秘をしやすい等の健康面に悩みがあり、健康になるための努力をしたいと思いながらも時間がない・・・。
もし、健康になるための方法が時間を使うこともなく、手に入れられるのなら是非実践してみたくなりますよね。

ラクトフェリンには、健康面だけでなく美容にも効果もあるということが分かっており、単に痩せるというだけでなく病気の原因になる内臓脂肪を撃退してウエスト周りを細くするという女性に嬉しい効果を得ることができます。

今回は、ラクトフェリンについて詳しく説明していきます。ラクトフェリンとは何なのかを理解し健康と美容の効果を実感しましょう。

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリランとは哺乳類の母乳に含まれる成分です。特に、出産直後の初乳と言われる黄色がかった母乳に多く含まれています。
初乳を産まれたての赤ちゃんに飲ませた方が良いと言われるのは、初乳にはラクトフェリンが多く含まれており、そのため免疫力を付けることができるからです。もちろん、その後の母乳にもラクトフェリンは含まれています。
このように母乳に含まれる成分ですが、その効果の高さから粉ミルクにもラクトフェリンを配合しているものがあります。

ラクトフェリンは、赤ちゃんだけでなく子供や大人にも効果的な成分です。
母乳や粉ミルクを飲むことが難しいからラクトフェリンを摂取することは無理?と考えてしまいがちですが、そのようなことはありません。
ラクトフェリン配合のラクトフェリンサプリやラクトフェリンヨーグルトなどがあり誰でも摂りいれやすい成分です。

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンで気になるのは、やはり効果・効能ではないでしょうか。ラクトフェリンの効果は幅広いものがあり、世界的にも注目されています。

免疫力が向上する

健康のカギは免疫力です。
ラクトフェリンには免疫力を向上するはたらきがあるので、風邪を引きにくくなりますし、その他にもあらゆる病気の予防が可能です。
ラクトフェリンを摂取すると、ナチュラルキラー細胞の数と活性化が増すので、免疫力向上が可能です。

また、アレルギーにも効果があります。アレルギーにはヒスタミンという成分が関係していますが、このヒスタミンを抑制する効果がラクトフェリンにはあります。
インフルエンザやノロウイルスだけでなく、病気の大半は何らかのウイルス感染です。がんもウイルス感染が原因のものがあります。このほかにも、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、白血病、ヘルペスウイルスなどあらゆる病気の予防が可能となります。

5歳未満の子供にラクトフェリン400mgを16週間摂取するという治験の結果、ノロウイルス感染性の胃腸炎に感染する割合が、ラクトフェリンを摂取していなかった子供達と比べて明らかに少ないという結果が出ています。

便秘解消する

女性の多くは便秘もしくは便秘傾向があると言われています。この傾向は若い年齢から年配の方まで共通しています。

便秘は単に便が出ないという問題だけでなく、肌荒れや体重増加、ウエストサイズ、吐き気、気分が落ち込みやすくなる、食事をおいしく食べられない・・・あらゆる問題が二次的問題として存在します。

ラクトフェリンには便秘解消効果があるので、これらの問題を速やかに解決することができます。定期的なお通じがあり、ガス溜まりが無くなるのでおなかポッコリの解消ができます。

内臓が脂肪減少する

ラクトフェリン特有の効果として、内臓脂肪減少効果があります。
内臓脂肪が増加すると、おなか周りのサイズが気になるだけでなく、あらゆる病気(特に生活習慣病)の可能性が高くなります。見た目も老けて見えることから、是非とも解消したいものです。
1日300mgのラクトフェリンを8週間摂取するという治験の結果、内臓脂肪の量とBMI値が低下したという結果が出ています。

ストレス解消

一見するとラクトフェリンとストレスというのがつながらない印象を受けるのですが、ラクトフェリンにはストレス解消効果があると言われています。
脳で合成される鎮静物質の作用を増強するはたらきがあり、痛みやストレスを軽減させる効果が高まります。

貧血の予防になる

ラクトフェリンには、鉄を吸収するはたらきがあります。貧血の中でも、鉄欠乏性貧血に効果を発揮します。

抗菌作用がある(歯周病など)

ラクトフェリンの効果で注目されているのが、抗菌作用です。歯周病に効果があるということが分かっており、歯周病に関係するLPSという毒素の活性化を防ぐ役割があります。
歯周病毒素は、歯周病だけでなく脂質異常を引き起こすため、肥満やメタボにつながります。ラクトフェリンには歯周病毒素を抗菌する作用があるので、結果ダイエットにもつながります。

美肌効果がある

ラクトフェリンを配合した化粧品も販売されていることからも分かるように、ラクトフェリンには美肌効果があります。

40代~50代の女性11人に、ラクトフェリンを0.5%配合したジェル状の化粧品を1ヶ月朝晩使用した結果、目じりのシワが平均約40%小さくなり、シワが改善されたという調査結果があります。

ラクトフェリンの効果的な摂取方法

ラクトフェリンの嬉しい効果をより実感するにはどのように摂取したらいいのでしょうか?1日に摂取したい量などチェックしましょう。

ラクトフェリン摂取量の目安

ラクトフェリンの効果を得たい場合、1日の摂取量として300㎎の摂取は心がけたいものです。
この300㎎の摂取を毎日続けることでラクトフェリンの効果を得ることができます。また、300㎎を効率よく摂取する方法としてサプリメントが推奨されます。

★あわせて読みたい♪ おすすめページ ⇒ラクトフェリンをより効果的に摂取する方法

いつ飲めばいいの?

ラクトフェリンの効率的な摂取方法としてサプリメントが推奨されますが、ラクトフェリンサプリは薬ではないので、いつ飲むという指定はありません。ラクトフェリンの効果は24時間とされていますが、できれば、分けて飲む方が効果を持続するためにはお勧めです。
夜、寝る前と朝に飲むというように決めておくと良さそうです。
寝ている間にラクトフェリンが腸まで届き、効果を発揮することで、翌朝のお通じがスムーズだという意見が多いので、寝る前に飲むのは外せないでしょう。

★あわせて読みたい♪ おすすめページ ⇒上手な飲み方

ラクトフェリンヨーグルト

ラクトフェリンというと、ヨーグルトを思い浮かべる人も多いことでしょう。
ラクトフェリン入りのヨーグルトを販売しているメーカーがあり、そのヨーグルトには1個に100mgのラクトフェリンが配合されています。1日の目安量には届きませんが、毎日ヨーグルトを食べることを習慣にしている人や、少量でも継続して摂取したいという人には向いているでしょう。
一般的なヨーグルトに比べるとややお値段が高めではありますが、ヨーグルトが好きな人、サプリメントやタブレットが苦手な人にはお勧めです。
子供でも食べやすいように甘めの味に仕上がっています。購入は大手スーパーやコンビニでも可能。宅配商品もあります。

ラクトフェリンの疑問

食品で摂取できる?

食品からラクトフェリンを摂取することは不可能ではありません。
しかし、ラクトフェリンが含まれている食品が少ないということや、含まれているラクトフェリン量もごくわずかということから、あまり現実的ではないといえます。

ラクトフェリンが多く含まれている食品として、ナチュラルチーズが挙げられますが、ナチュラルチーズ100gにラクトフェリンは0.3g含まれます。0.3gとは300㎎です。
1日のラクトフェリン摂取量の目安としては素晴らしいと言えるのですが、1日に100gナチュラルチーズを毎日食べ続けるのは難しいです。高カロリーになってしまいますし、コストも掛かってしまいます。

副作用はある?

ラクトフェリンは効果が高い反面、気になるのは副作用でしょう。
ラクトフェリンに関して言えることは、副作用がないということ。母乳に含まれる成分ということからも想像が付きますが、体に良い影響を数多く与える成分です。

元々快便という人は、ラクトフェリンの便秘解消効果でお腹が緩くなることもありますが、これも数日で治まります。このような反応を副作用と言う人もいるようですが、そうではありません。
同時に、おなかにガスが溜まっている人は、ガスがかなり出ることでビックリすることもあるようです。

過剰摂取(1日720mg)の摂取で、皮疹、疲労、食欲不振、悪寒、便秘が報告されているようです。過剰摂取するのではなく、ラクトフェリンは継続することが効果を出すために必要なことです。

アレルギーはある?

ラクトフェリンは牛乳アレルギーのある人は摂取を控えた方がいいと言われています。牛乳アレルギーかも?と不安な人は少量から始めるようにしましょう。

ラクトフェリンサプリのすすめ

ラクトフェリンサプリとは、そのままの意味でラクトフェリンを配合したサプリメントのことです。
いくつかのメーカーで販売されていますが、ラクトフェリンのみを配合したシンプルなサプリメントから、プラスアルファでおなかに優しい成分などさらに健康や美容を後押しする成分が配合されたものがあります。

サプリメントと言うと、敷居が高いと感じる人も多いと思いますが、日本でも年々販売数が増加しており、多くの人が愛用中です。
ラクトフェリンのように、食品での摂取が難しいという成分を手軽に摂ることができます。

ラクトフェリンをサプリで摂取しよう

ラクトフェリンをサプリで摂取するということは、確実に効果を得ることができる一番の近道です。
ラクトフェリンという成分そのものは乳製品を中心に配合されており、その中でナチュラルチーズに一番多く配合されています。
しかし、ナチュラルチーズを何百gも毎日のように食べ続けることはカロリー的にも難しいですし、実際にコスト面を見ても、継続することが難しいでしょう。

ラクトフェリンを摂る方法は、ラクトフェリン入りヨーグルトもありますが、ラクトフェリン配合量を見ても、サプリメントには及ばないという点が気になります。サプリメントと同じだけのラクトフェリン量を摂取するには、1日3個のラクトフェリンヨーグルトを食べなければなりません。これが毎日となると、難しいというのが現実でしょう。
また、3個という個数をコスト面から考えてもサプリメントの方が割安です。

ラクトフェリンサプリどこで購入できる?

ラクトフェリンサプリの購入は、インターネット通販が主流です。
サプリメントで有名なメーカー、乳製品を販売しているメーカーなどあらゆるメーカーで販売されています。

ラクトフェリンサプリはその効果を知れば納得できると思いますが、一般的に見かけるサプリメントと比べて価格も割高です。
割高と聞くと、気が引けてしまいますが、先ほども述べたように、効果の幅広さ、食品で摂取することの難しさなどを考えると妥当な価格とも言えます。
上手にお得に購入する方法は、初回限定のお試し価格での購入、定期購入、まとめ買いなどがあります。
ラクトフェリンは基本的に継続することで効果を得られるので、定期購入を利用するといいでしょう。定期的に商品が届くので買い忘れ防止にもなります。

ラクトフェリンサプリの添加物が気になる?

サプリメントを製造する際に、いくつかの添加物の使用は避けられないという意見もあります。添加物と言っても、そのすべてが悪いものではありません。カプセルをコーティングしたり、タブレットのように固めたりするために使われている添加物もあります。

気になるのは、味や見た目をよくするために使われている添加物です。

サプリメントのパッケージを見れば、どのような成分で構成されているか分かります。あまり見かけない成分が記載されている場合、添加物が多い可能性が高いでしょう。
もしくは、あまりにも価格がほかの同レベルのラクトフェリン配合量のものと比べて安価という場合はその可能性があります。

さいごに

ラクトフェリンとは健康と美容に効果のある成分であり、健康のカギとも言われる免疫力を向上させ、感染症やアレルギーを抑える効果があります。治験の結果でも効果があることが立証されています。

このほかにも、便秘解消、内臓脂肪減少、ストレス解消、貧血予防、抗菌作用、美肌効果など数え切れない効果が満載です。
ラクトフェリンは食品で継続して摂取することが難しく、確実な摂取方法としてサプリメントがお勧めです。
1日300mgの摂取量を目安とし、夜寝る前に飲むようにしましょう。
可能であれば、複数回に分けて飲むようにしたいものです。

過剰摂取をしないようにし、目安量の300㎎を続けることが大切です。
牛乳アレルギーの人は摂取を控えた方がいいでしょう。牛乳アレルギーの可能性のある人は少しずつから始めるようにしてください。

また、サプリメントパッケージにも注目し添加物についても注目するようにしましょう。

人と接する仕事をしている人やお仕事が休みにくい人などは、普段からラクトフェリンを摂取して免疫力を向上させ、病気の予防に努めたいものです。さらに、普段から忙しいという人は、知らず知らずのうちに体調を崩してしまいがちです。ラクトフェリンを飲むことで健康な体を手に入れ、美肌も手に入れましょう。