ラクトフェリンは悪玉菌をやっつける

ラクトフェリンは母乳や哺乳動物の乳に含まれている糖たんぱく質の一種で、体内で鉄と結合し細菌が増殖することを抑制する働きや、身体の免疫機能を高めてくれる働きがあります。

また、腸内のビフィズス菌を増殖させてくれる作用がありますので、腸内環境を良好に保ってくれる働きがあります。

腸内環境に良いものと聞けば、乳酸菌を真っ先に思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。確かに乳酸菌は細菌の一種であり、腸内の善玉菌として腸内環境を良好に保つ働きがあります。

ラクトフェリンも乳酸菌と同じような働きをするのかといえば、実際はそうではなく鉄と結合することが出来るタンパク質であるため、悪玉菌の餌となる鉄を奪い悪玉菌の栄養源をなくします。結果として悪玉菌を死滅させることが出来る成分なのです。そのため、腸内の菌を善玉菌の優勢にさせることが出来るため、体質が改善されるのです。

悪玉菌のホントのところ

悪玉菌のホントのところ

悪玉菌というと、身体に害を及ぼす物凄く悪いものだというイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

悪玉菌には大腸菌・ウェルシュ菌・ブドウ球菌などがあり、これらの菌は腐敗型の細菌で、癌や生活習慣病の素になる有害物質を腸内で発生させます。悪玉菌が増加すると、腸内をアルカリ性になるため、免疫力が低下しウィルスや病原菌に感染しやすくなります。しかし、悪玉菌も腸内にとっては必要な菌でもあるのです。

悪玉菌が腸の中にいることで、悪いものを排除しようと腸内の免疫細胞が活発化させる働きがあります。また、悪玉菌には肉類など消化しにくいタンパク質を分解してくれる力があります。人間の体外から病原菌が体内へ侵入してきた時、腸内の悪玉菌が団結して体外から来た病原菌を排斥する力があります。

悪玉菌が腸内にいることによって善玉菌と悪玉菌とが互いに刺激し合うことになるため、腸の免疫システムが働くことが出来ます。このように悪玉菌は腸内に必要な菌でもあるのです。

善玉菌と悪玉菌と日和見菌

善玉菌と悪玉菌と日和見菌

腸内菌を良好に保つには、腸に生息している菌のバランスを保つことが重要だと言われています。

腸内に生息している菌には善玉菌と悪玉菌、日和見菌があります。

日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にも属さない菌のことで、善玉菌が優勢の時には善玉菌の味方となり、悪玉菌が優勢になった時には悪玉菌の味方となります。日和見菌にはバクテロイデス、ユウバクテリウム、嫌気性連鎖球菌という種類があり、健康な時には害を与えることはありません。

しかし、体調不良の時には病原菌化してしまうため、普段の生活でいかに日和見菌を悪玉菌化させないかが重要になってくるのです。そのため善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスはいつも2対1対7に保つと良好な腸内環境を保つことが出来るのです。

腸内環境を良好に保つためにも、健康な食生活と運動、そしてラクトフェリンの力を借りると良いでしょう。

腸内環境は変わりやすい

腸内環境は変わりやすい

腸内環境が善玉菌優勢になるか悪玉菌優勢になるかで、人の体調に大きな影響を与えます。また、腸内菌はとてもデリケートなものです。

仕事などで過労やストレスを感じたり、お腹を冷やしたり、不規則な生活や睡眠不足などもといった原因でも腸内では悪玉菌が増加してしまいます。

逆に善玉菌が活性化する食事を摂取し、十分な睡眠やリラックスした状態が続くと、腸内では善玉菌が優勢になります。

ちなみに、善玉菌を活性化させる食べ物には、穀類やイモ類、海藻などの食物繊維が豊富な物やバナナなどオリゴ糖が豊富な食品、ヨーグルトなどの発酵食品があります。

ラクトフェリンには、ヨーグルトなどに含まれているビフィズス菌を腸内で増やす働きや、悪玉菌が増える原因となるストレスを緩和させる効果があります。世話しない日々を送り、ストレスに晒されやすい現代人は悪玉菌が優勢になりやすいので、ラクトフェリンを毎日の生活の中に取り入れて体質改善を目指すと良いでしょう。

ラクトフェリンで腸内環境を良好に

ラクトフェリンは哺乳動物の乳に含まれている成分で、腸内環境を良好に保つ効果があります。

腸内菌には、善玉菌と悪玉菌、日和見菌が住んでおり、2対1対7のバランスが腸内環境にとってベストバランスだと言われています。

腸内環境は毎日の食生活やストレス、冷たい食品の食べ過ぎなど些細なことですぐに変化してしまうため十分に気をつける必要があります。そこでおすすめなのがラクトフェリンです。サプリメントなどでラクトフェリンを毎日摂取し、体質改善と同時に健康状態を良好に保ちましょう。

善玉菌を活性化させる食事を摂ることも、善玉菌を増加させ安定させるために重要なことであるといえます。イモ類など食物繊維の豊富な食べ物や、バナナなどのオリゴ糖が豊富な食品、ヨーグルトなどの発酵食品を毎日欠かさず食べると、腸内の善玉菌を増やすことが出来ます。

また、睡眠不足やストレスは、悪玉菌が増える原因となるため、十分な睡眠とこまめなストレスを解消が必要となります。