赤ちゃんを守る大切な成分

赤ちゃんを守る大切な成分

この成分は、牛乳に含まれていることが分かってから世間に広まりました。牛乳以外でしたら、チーズやヨーグルトなどの乳製品にも含まれています。食事の際に気がつかないうちに摂取していることから、毎日とれている方も多いでしょう。しかし、1日100mgほどはとりたいと言われているので、不足しがちな際にはサプリメントの活用もおすすめです。
この成分は多機能タンパク質とも言われていて、様々な効果をもたらしてくれます。

ラクトフェリンは細菌やウイルスの増殖を抑制する抗菌能力があり、免疫力を高めてくれます。風邪をひきやすいかたや、生活習慣病を予防されたい方にもおすすめです。唾液、涙、十二指腸など体内にも含まれているので、体内に入ってきた細菌にいち早く対応をしてくれます。

そして、母乳にも含まれていることからも注目されています。人間をはじめ、哺乳動物の母乳には含まれていることが分かっており、赤ちゃんを守る大切な成分であると実感させられます。

大人にとっても欠かせない

ラクトフェリンは免疫力を高めてくれるため、赤ちゃんだけではなくて大人にとっても大切なものです。

ナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫細胞を、活性化させる働きがあります。がん細胞やウイルスに感染した細胞を攻撃してくれるので、がん予防などにもなります。

インフルエンザや、ノロやロタウイルスからも守ってくれることが分かっており、感染症の対策としても活用出来ます。腸内環境も整えてくれるので、便秘や下痢などで悩んでいる方にもおすすめです。

ラクトフェリンは、ビフィズス菌の餌になり増やす働きがあります。ビフィズス菌が増えることで、たまっている便を吐き出してくれるだけではなく、花粉症の改善や、皮膚の炎症を抑える効果も期待できます。加えて、鉄分不足の際にもおすすめの成分です。

ラクトフェリンは、鉄分を囲い込む性質があるので吸収しやすくしてくれます。鉄は摂取をしてもなかなか摂取しづらく、多くの方が不足がちです。鉄単体で摂取をすると、胃が荒れることもあります。しかし、ラクトフェリンをあわせて摂取すれば、胃荒れも軽減が出来るメリットも確認されています。

乳製品に含まれている量について

乳製品に含まれている量について

ラクトフェリンは、摂取をしても体外に排出されるなどして減っていきます。そのため、24時間ほど経つと効果が薄れてくるので継続してとっていきましょう。

食事やサプリメントから摂取が可能ですが、毎日続けやすい方法を考えたいです。コンビニには牛乳やヨーグルトやチーズも売られていますし、サプリメントも売られているので活用しましょう。

牛乳は低温殺菌と高温殺菌の商品に分けられます。60度前後が低温殺菌で、130度前後が高温殺菌ですが、低温殺菌された牛乳にこの成分は含まれているので注意をしましょう。
牛乳100mgに10mgほど含まれているのが一般的です。

ヨーグルトについてですが、商品によって含まれている量が違います。チーズもヨーグルトと同様ですが、100mgに100mg含まれている商品もあります。成分表などを見て、選んで購入をするようにしたいです。

サプリメントも様々あります

毎日継続をしていくために、牛乳やヨーグルトやチーズを買い続ける方もいますが、買い忘れた時にもコンビニは気軽に立ち寄れるのでよいでしょう。しかし、乳製品からですと、大量に摂取をしなくてはいけない食品もあるので、サプリメントも活用したいです。

サプリメントといっても、何種類か売られているので成分表を確認しましょう。ラクトフェリンサプリは、胃で溶けずに腸で吸収されるのが好ましいです。そのため、サプリメントには胃で溶けないように特殊コーティングをするなど工夫された商品も存在します。コーティングされている場合は、パッケージにその旨が書かれていることが多いです。購入をする際にはよく確認をしましょう。

そして、サプリメントには、ラクトフェリン以外にも様々な成分が含まれていることを忘れてはいけません。

α-リポ酸とカルニチンが含まれていて脂肪を燃焼させるのを手伝ってくれたり、コレウスフォルスコリエキスが含まれていて脂肪を分解してくれたりなど、プラスの効果も得られます。腸内環境をよくして、ダイエットも目指したいなど目的にあわせて購入するようにしましょう。

コンビニに売られている乳製品とサプリメントを上手に併用

コンビニに売られている乳製品とサプリメントを上手に併用

ラクトフェリンは産まれたての赤ちゃんを守ってくれる成分ですが、免疫力を高めるなど様々な病気から守ってくれるので、大人にとっても大切な成分です。乳製品に含まれていますが、食品からですと大量に摂取する必要もあるので、サプリメントに頼るのもよいでしょう。

コンビニにはサプリメントや乳製品が売られているので、毎日続けるためにも活用してみてはいかがでしょうか。サプリメントは種類も豊富なので、どの商品にするかよく考えて選びましょう。