「ラクトフェリン関連情報」の記事一覧

ラクトフェリンでノロウィルスなどの病気を防ぎましょう

ノロウィルスは感染症の胃腸炎です

ラクトフェリンにはノロウィルスという病気を抑制する働きがあります。このウィルスに感染してしまうと激しい下痢や嘔吐などの症状が出てしまいますが、この成分を毎日摂取すればウィルスに感染しにくくなるばかりか、感染しても症状が軽く済みます。集団感染しやすいので、手洗いで予防しましょう。

ラクトフェリンを摂取しながらの筋トレで得られる効果とは

筋トレの目的によってサプリメントを選ばないと効果が思うように得られないことも

毎日欠かさず行う筋トレは、筋肉を鍛える目的なのかそれともダイエット目的なのかでゴールが大きく変わっていきます。ラクトフェリンを用いてのトレーニングも、鍛えるのか痩せるのかという目的によって効果のあるなしが変化してしまうため、ラクトフェリンの効果をきちんと知る必要があります。どのような効果が期待出来るのでしょうか。

ラクトフェリンの市販薬は腸溶性しか効果がないの?

何故二つの説が出てきたの?

ラクトフェリンは腸溶性のものしか効果を得ることが出来ないのでしょうか?市販されている製品には腸溶性のものとそうではないものがあります。腸溶性の製品の場合、成分が破壊されずに腸に届けることができます。しかし、腸に届く前に消化酵素や胃液で分解された成分も最終的に役立っているのです。

初乳にはラクトフェリンという免疫力の贈りものがあります

哺乳動物が初めて子に与えることが出来る免疫力の贈りもの

ラクトフェリンは初乳に豊富に含まれており、産まれたばかりの赤ちゃんを様々な病原菌や感染症から守ることが出来ます。成乳になるとその成分濃度は三分の一に減少してしまうため、出来るだけ出産後から一週間までの乳は生まれたばかりの赤ちゃんにあげるようにすると、元気に育てることが出来ます。

ラクトフェリンはいつ飲めば良い?食後に飲んでも大丈夫?

サプリメントには飲み方やタイミングがある

サプリメントを飲む時に困るのは飲むタイミングです。いつ飲めば効果があるのか、食後などこのタイミングは避けた方が良いという時があるのかなど様々なことを考えます。ラクトフェリンについても同様で、効き目があるタイミングや避けた方が良いタイミングは何処なのかなどを詳しくお話します。

母乳に含まれるラクトフェリンは赤ちゃんの飲む予防接種

赤ちゃんの成長過程に必要な成分

ラクトフェリンは赤ちゃんの成長過程にとって欠かすことの出来ない成分です。免疫力を高める効果や抗菌作用、抗ウィルス効果があるため、初乳は飲む予防接種といってもよいでしょう。授乳期間が長いほど、子供の知能や言語能力を高める効果もあり、様々な感染症から子供を守ることも出来ます。

ラクトフェリンが赤ちゃんに与える影響とは

アレルギーがあっても安全ではあるけれども

母乳を与えたいけれどもあまり出が良くないので粉ミルクを使っているものの、成分が気になって仕方がない人は少なくありません。生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力がないので出来る限り安全なものを飲ませてあげたいものです。粉ミルクに含まれるラクトフェリンは飲ませても平気なのでしょうか。

妊娠中は控えるべきか?ラクトフェリンの胎児への影響は?

妊娠が発覚するとサプリメントの使用が気になる

サプリメントを飲んでいる女性にとって気になるのが妊娠後も継続をして良いのかどうかです。摂取しているサプリメントの栄養によっては止めた方が良いものもあるため、気になってしまうのは仕方がありません。ラクトフェリンは摂取を続けても胎児に影響はないのかをお話します。

ラクトフェリンを朝食に摂り健康を手に入れましょう

朝食にヨーグルトとラクトフェリンを摂るとこんな相乗効果があります

母乳に含まれるラクトフェリンは、赤ちゃんを病気から守る働きがある成分です。大人でもその健康効果が期待できるため、ヨーグルトやサプリメントなどから摂るとよいでしょう。朝食後に摂取することで腸内のビフィズス菌を増殖させることが出来るため、整腸効果や免疫を高めることが出来ます。

1 / 212

ページの先頭へ