ラクトフェリンの働きを知る

ラクトフェリンの働きを知る

ラクトフェリンとは、ヒトの母乳を始めウシ、ヤギなどの哺乳動物の母乳に含まれる糖たんぱく質で、ヒトの涙、汗、唾液、血清などの体液にも存在します。特に出産から三日間の母乳に多く含まれており、生まれたばかりの免疫力が十分に備わっていない赤ちゃんを、様々な細菌やウイルスから守るための物質と考えられています。

ラクトは乳、フェリンは鉄の意味で、鉄分と結合しやすい性質であることから、この名称が付けられました。体内で様々な働きをすることから多機能たんぱく質ともよばれています。

特に優れているのが免疫調整作用で、体内のマクロファージやナチュラルキラー細胞などを活性化させ、免疫機能を高めます。また、抗菌作用があり大腸菌やブドウ球菌、カビなどに広く効果を発揮します。

最近では、抗ウイルス作用がノロウイルスの予防にも効果的と注目されるようになりました。

ラクトフェリンと腸の関係とは

ラクトフェリンと腸の関係とは

私たちのお腹には、100種類以上もの細菌が住んでいます。その種類は三つに分けられ、有用菌である善玉菌、腐敗菌の悪玉菌、体調が崩れたときに悪玉となる日和見菌があります。善玉菌のビフィズス菌、悪玉菌のブドウ球菌、日和見菌としては大腸菌あたりが有名でしょう。

お腹が健康であるためには、善玉菌が悪玉菌を抑える形でバランス良く維持されていることが理想です。糖たんぱく質は、鉄と結合しやすい性質を持っていますので、細菌や微生物が繁殖するときに必要な鉄分を奪う働きをします。また、微生物の細胞膜にダイレクトに攻撃をして殺菌します。

一方、善玉菌に対しては攻撃を加えずそのままにしておく性質がありますので、お腹の環境を整えることに大きく貢献していると言えるでしょう。腸活という言葉があるくらい、健康にはお腹の環境が重要と認識されています。

若々しい人は腸も元気

あなたのまわりにいる年齢を感じさせない若々しい人を思い浮かべてみてください。きっとその方は便秘や下痢には縁遠い、元気な腸の持ち主ではないでしょうか。お腹の環境が整うということは、アンチエイジングにつながるということなのです。お腹が元気だと自律神経も活発になるので、代謝が上がり、消費エネルギーが増えることで自然に痩せていきます。同時に疲れにくい体になり、老廃物の排出がスムーズになるおかげで、美肌効果もあります。

お腹の環境の改善は、こういった素晴らしい結果をもたらしてくれるものですが、多機能たんぱく質のラクトフェリンを摂取すればより効果的です。内臓脂肪を減少させる働きがあるため、メタボリックシンドロームの予防や改善に役立ちますし、食品中の鉄分を吸収しやすくするので貧血の予防にもなります。

また、脂質の酸化を抑制する効果が老化防止に役立ち、アレルゲンの侵入を防いでヒスタミン生成を抑えることから、花粉症やアレルギー皮膚炎への効果も期待されています。

ラクトフェリンを効果的に摂取するには

ラクトフェリンを効果的に摂取するには

多くの素晴らしい作用があるラクトフェリンですが、効果的に摂取するにはどうすればいいのでしょうか。

糖たんぱく質は身近な乳製品に多く含まれているので、積極的に食べたいところですが、熱に弱く高温で加熱されると、本来の働きを失ってしまいます。非加熱の牛乳もあるにはありますが、流通量はわずかで日常的に飲むのは現実的ではありません。

また、無殺菌の生乳から造られたゴーダチーズやチェダーチーズ、ナチュラルチーズにはわずかに含まれていますが、効果を得られる量には程遠いといえるでしょう。

そこで有効になってくるのが、サプリメントで摂取する方法です。近頃は多くのメーカーが手掛けるようになり、様々なタイプの製品が販売されています。サプリなら目的の成分だけを摂ることができますし、毎日手軽に続けられるでしょう。

効果が感じられるラクトフェリンサプリを選ぶには

腸活をすることで美容から健康まで様々な良い作用をもたらします。腸活にはラクトフェリンという母乳に含まれる成分がおすすめです。

サプリを選ぶときには、ちゃんと腸まで届いてくれるのか、また含有量は申し分ないか、そして継続できる価格であるのかを慎重に検討しましょう。

サプリメントには、錠剤やカプセルタイプなど形状の違いや、胃酸で溶けないように作られた耐酸性のタイプなどそれぞれ特徴がありますので、商品説明をしっかり読んで判断することも重要です。

サプリメントは、毎日継続することで初めて効果が期待できるものです。どんなに品質が優れたサプリメントを摂取しても、すぐにやめてしまっては元も子もありません。

また、長く続けることだけを考えて、安すぎるサプリメントを選ぶのは原材料や製造法に不安が生じます。できればクオリティに妥協することなく、しかもコストパフォーマンスの良い製品を選ぶようにしたいものです