赤ちゃんにラクトフェリンヨーグルトを食べさせても大丈夫?
赤ちゃんにラクトフェリンヨーグルトを食べさせても大丈夫?
大丈夫です

ラクトフェリンは母乳に含まれる成分です

ラクトフェリンは母乳に含まれる成分です

ラクトフェリンは、母乳に含まれる成分です。母乳には赤ちゃんの免疫力を守る役割があるとか、体に良いとか言われますが、それはラクトフェリンが含まれているためです。特に、出産後数日間の母乳はラクトフェリンが多く含まれており、赤ちゃんの健康維持に役立ちます。

ヒトの初乳(出産後5日目ごろまでの母乳)には100ml当たり約600mg、常乳(出産後3週間以降の母乳)では約200mgのラクトフェリンが含まれています。この量はビックリですよね。

母乳にしか含まれない?もし、母乳が出ないママの場合はラクトフェリンが摂取できない?と思ってしまうかもしれませんが、そのようなことはありません。粉ミルクでもラクトフェリンは摂取できます。森永乳業の「はぐくみ」はラクトフェリンが摂取できる粉ミルクとして人気があります。

赤ちゃんは毎日多くのラクトフェリンを摂取しているのです。ラクトフェリンは、赤ちゃんにとって欠かせない成分なのです。

ヨーグルトは離乳食に向いている?

食感も栄養面から見ても、ヨーグルトは離乳食に向いています。ママも簡単に食べさせられるので是非とも利用したいと思っているのではないでしょうか。

離乳食ではじめてヨーグルトを食べさせるときは、まずはスプーン1杯からはじめるようにしましょう。慣れていったら、少しずつ増やしていきます。いきなり多い量のヨーグルトを食べさせると、下痢をすることがあるので気をつけましょう。

一般的なヨーグルトでも離乳食で人気があるのですからラクトフェリンが含まれているヨーグルトはなおのこと人気があります。認知度がそこまで高くないだけではないでしょうか。

ラクトフェリンヨーグルトの食べさせ方

ラクトフェリンヨーグルトを赤ちゃんにそのまま食べさせてもいいのですが、+αで工夫することにより、さらに栄養価が高いメニューが作れます。

  • かぼちゃのうらごし
  • さつまいもをすり潰す
  • バナナをすり潰す
  • りんごをすりおろす

など、ママやパパの工夫でラクトフェリンヨーグルトをさらにパワーアップさせることが可能です。

注意したいこと

  • 1歳までの赤ちゃんにはちみつを食べさせるのは危険です。はちみつを混ぜないようにしましょう。
  • 赤ちゃんは噛み砕くことがまだ上手にできないので、できるだけ柔らかく小さくすり潰して食べさせましょう。
  • 食べることが楽しくなって来ると赤ちゃんはいくらでも食べてしまうことがあります。食べ過ぎて嘔吐させることがないように、適量を守りましょう。

厚生労働省の見解

厚生労働省によると、1歳を過ぎたら、1日あたりの摂取量の目安は、牛乳やチーズといった他の乳製品とあわせて約300gです。

赤ちゃんにラクトフェリンヨーグルトを食べさせても大丈夫?まとめ

赤ちゃんにラクトフェリンヨーグルトを食べさせても大丈夫?まとめ

赤ちゃんにラクトフェリンヨーグルトを食べさせても大丈夫です。母乳や粉ミルクでラクトフェリンを摂取している赤ちゃんは産まれてからラクトフェリンで健康維持をして来たようなものです。離乳食で人気のあるヨーグルトですから、ラクトフェリンヨーグルトであればさらに栄養価も高いです。+αで工夫をしてバリエーション豊かにして行きましょう。