「アレルギーをどうにかして治したい」
辛いアレルギーを和らげることができたら嬉しいですよね。

そんなあなたに良い知らせがあります。
「ラクトフェリンはアレルギーに効果があります!」

これまでは、アレルギーは体質だから仕方ない、薬はその時の辛い症状を取り除くだけに利用するものだと思っていた人がほとんどでした。しかし、諦める必要はありません!
この記事では、アレルギー症状から解放される「ラクトフェリン」の話を紹介します。

ラクトフェリンはアレルギー症状だけに効果があるわけではありません。
健康面や美容面に幅広い効果があり、一家の健康を支えることが可能となります。
まさに、子供から大人までその効果を得ることができる優れものなのです。

ラクトフェリンで体質改善をして、アレルギーとさよならするために、この記事がお役に立てれば幸いです。

ラクトフェリンでアレルギーを治す

ラクトフェリンでアレルギーを治すことが可能です。ラクトフェリンと言えば、腸内環境を良くする、内臓脂肪を撃退する効果が高いことで知られていますが、実際はそのような効果以外にも幅広い効果があります。

その中で、注目したいのが「アレルギーを治す」という効果です。この効果は、免疫力を向上させる効果と関連があり、その結果としてアレルギーを治すということにつながります。免疫力というのは、単に病気のもととなるウイルスを寄せ付けないという効果ばかりではありません。アレルギーという幅広い症状に関しても効果を発揮することが分かっています。

アレルギーとは

アレルギーとは、何らかの特定の物質に対して過剰な反応を起こす状態です。例えば、ほこりを吸うと鼻水とくしゃみが止まらなくなるという人がいますが、これはハウスダストアレルギーと呼ばれます。アレルギーかどうかは病院で血液検査やそのほかの検査を行うことが診断されます。また、これらアレルギーを起こす原因となった物質をアレルゲンと呼びます。

ラクトフェリンのアレルギーへの効果

アレルギーというのは、花粉症、ハウスダスト、動物などさまざまなものに起こります。何にアレルギーがあるのかというのも人それぞれ違いますし、重複している人もいれば、全くアレルギーが起きないという人もいます。

ラクトフェリンがどのようにアレルギーに効果があるのか気になりますよね。
ラクトフェリンは腸内環境を整える効果がありますが、腸内環境が整うことで免疫力を高め、アレルギーを治す効果につながるのです。

ラクトフェリンを摂り続けることで、腸内免疫機能がパワーアップし、アレルギーを治します。

ここ数年、「腸は第二の脳」と呼ばれているという話を聞くことが多くなりました。
これは、腸内環境を良くすることによって、免疫力を上げて病気を予防したり、治したりすることが可能であり、さらに心の病やストレスにも腸内環境が関係していることが分かったのです。

ラクトフェリンで腸内環境を整えることは、体と心を健康に保つために欠かせないと言っても過言ではありません。

ラクトフェリンの摂取方法

ラクトフェリンがアレルギーをはじめ、あらゆる病気の予防効果があり、体と心の健康につながっていると聞くと、是非とも摂取したいと思うのではないでしょうか?

ラクトフェリンの摂取方法は基本的にサプリメントが主流です。ラクトフェリン入りヨーグルトというものも発売されています。一般的に、ナチュラルチーズを食べることによって、ラクトフェリンを摂取することは可能です。

しかし、ラクトフェリン入りヨーグルトの場合1個につき100㎎のラクトフェリンしか含まれていません。ラクトフェリンの効果をしっかり得たいのであれば、1日300㎎の摂取は必要です。そうなりますと、ラクトフェリン入りヨーグルトは1日3個食べる必要が出て来ます。

また、ナチュラルチーズの場合は1日100gを食べ続けなければなりません。毎日続けるとなると、思いのほか大変です。ですから、コスト面から見てもサプリメントの方がお財布には優しいです。

例えば、1日3個のラクトフェリンヨーグルトを3個食べるとしましょう。
この場合だいたい1個あたり税別125円なので、それを1日3個、1ヶ月(30日)で換算すると90個のラクトフェリンヨーグルトを食べると仮定します。

125×90=11,150円(税別)が1ヶ月にかかるコストです。

ラクトフェリンサプリメントの場合、例えば同じように1日300㎎摂取できるA社とB社を例に挙げますと、
A社~初回1,980円(税別)、2回目以降4,500円(税別)
B社~初回3,360円(税別)、2回目以降5,900円(税別)
このようになります。

やはり、ラクトフェリンヨーグルトよりもラクトフェリンサプリメントの方が続けやすいと言えるでしょう。コスト面から見てもそうですし、手軽さも続けやすい一因になっていると思われます。また、ヨーグルトなどの乳製品が苦手という人には特にお勧めです。

副作用はあるの?

ラクトフェリンは副作用があるかどうかという点を気にされる方も多いようですが、ラクトフェリンは自然の成分であり化合物ではありませんから、健康面や美容面に効果を発揮するために存在すると言っても過言ではありません。

しかし、中にはラクトフェリンサプリでおなかがゆるくなってきたという話を聞きます。
これは、ラクトフェリンそのものが腸内環境を良くする効果があるので、はじめから腸内環境が良い人はお腹がゆるくなることがあるようです。しかし、この症状は数日で治まります。気になる方は、最初のうちは少ない量から始められてはいかがでしょうか。

このような症状は健康を害するような副作用にはあたりません。

★関連記事⇒ラクトフェリンを摂ると副作用って起きる?

ラクトフェリンと薬との違い

薬はあくまでも治療を目的としており、自然の成分以外に化学的な成分を使っていることが多くあります。また、飲む量や時間帯なども細かく定められています。決められた処方通りに飲み、ドラッグストアなどで購入できる薬もあれば、処方箋がないと手にすることができないものがあります。

サプリメントの場合は健康食品の部類に入り、ラクトフェリンのサプリメントで言えば、自然の成分で作られており、飲む量も目安量はありますが、基本的には細かく定められていません。体調に応じて考えながら量の調整も可能です。体に良いものを食べている感覚で健康や美容に効果を発揮することができるというのがサプリメントだと言えるでしょう。

子供でも摂取できるの?

ラクトフェリンは子供でも使うことができます。赤ちゃんが母乳を飲みますが、その成分にラクトフェリンが含まれています。「母乳で育った赤ちゃんは健康」と言われる理由は、ラクトフェリンを摂取しているからだと言われています。

ここ数年のラクトフェリンサプリの人気の理由のひとつに、アレルギーの予防と改善があります。それらの症状に悩まされているのは子供たちが中心です。花粉症やハウスダストなどあらゆるアレルギー物質に悩まされている子供を見て、保護者の方が症状の改善のために使いはじめるというパターンが増えて来ています。

★関連記事⇒ラクトフェリンサプリは子どもでも飲める?

ミルクアレルギー

ラクトフェリンを語る上で見逃すことができないのが、ミルクアレルギーです。
ミルクアレルギーとは、カゼイン、αラクトアルブミン、βラクトグロブリンという3つのたんぱく質が主な原因となって引き起こされます。
ラクトフェリンが母乳に含まれているとか、乳製品に少し含まれているということを考えると、ミルクアレルギーの人でも摂取できるのか心配になります。

結論から言えば、ミルクアレルギーの人であってもラクトフェリンは使うことができます。しかし、アレルギーは研究途中の分野ということもあり、これから先発見されることも出てくるのではないでしょうか。

ミルクアレルギーとは

ミルクを飲むことで蕁麻疹や呼吸困難、血が混じった下痢が出るといった異変が生じることです。症状の重さには個人差がありますが、消化器系の不調が多いようです。ミルクアレルギーを持った赤ちゃんが牛乳由来の粉ミルクを飲むと、アレルギー反応を起こしてしまいます。

赤ちゃんが、ミルクアレルギーだということがわかると栄養摂取面から考えても大変だということが想像付きます。
ミルクアレルギーかどうかの診断は、病院で行います。
血液検査や普段の状態から、赤ちゃんがミルクアレルギーかどうかを診断します。

【母乳の場合】

母乳でミルクアレルギーが起こることはそう多くはないようですが、それでも気になるのが親心ですよね。ラクトフェリンに関して言えることは、ラクトフェリンそのものが母乳の中でも一番初めに出る初乳に含まれており、この初乳は赤ちゃんに是非とも飲ませたいものとなっています。

よって、同じ成分であるラクトフェリンのサプリメントの成分が赤ちゃんに悪影響を与えるとは考えにくいです。

ただし、赤ちゃんがミルクアレルギーの場合は、ママさんは乳製品を控える方が良いとされています。
牛乳、ヨーグルト、チーズ、プリンなどの乳製品を利用した食べ物は控えましょう。母乳の成分の中に乳製品が残留することがあるからです。

【粉ミルクの場合】

どのアレルギー物質に反応があるかによっても違って来ますが、粉ミルクの中にはアレルギーを除去したミルクが販売されています。このような粉ミルクを利用することによって、赤ちゃんからミルクアレルギーを守ることができます。

粉ミルクにもラクトフェリンが配合されたものがあります。ラクトフェリンという成分が赤ちゃんの健康に重要な役割を果たしていることが分かります。

ミルクアレルギーの妊婦とラクトフェリン

ミルクアレルギーのある妊婦さんの場合は、ラクトフェリンを摂取することは避けた方が良さそうです。また、持病がある妊婦さんや経過が思わしくない妊婦さんの場合は、かかりつけの医師に相談してから決めるようにしましょう。

まとめ

ラクトフェリンとはアレルギーの予防と改善に効果のある成分です。赤ちゃんから大人まで効果があるので、家族みんなで健康になれる成分です。

特に、妊娠中は便秘になったり、健康面や精神面で不安になったりしやすいのでラクトフェリンの恩恵を受けやすいでしょう。アレルギー持ちの妊婦さんは特に症状を抑えることができるのでお勧めです。

ラクトフェリンを摂取するにはサプリメント、ヨーグルトが主な方法です。ナチュラルチーズにも含まれていますが、毎日続けることと微量のためお勧めできません。となると、サプリメントとヨーグルトが主な摂取方法ですが、確実性とコスト面どちらも兼ね備えているサプリメントがお勧めです。

また、ミルクアレルギーの赤ちゃんの場合でも、ラクトフェリンは母乳に含まれる成分でもあることから気にしなくて良さそうです。ママさんが健康のためにラクトフェリンを摂取した上で母乳を与えることもできます。

しかし、妊娠の経過が思わしくないなどの場合もあるでしょう。心配な方は一度医師に相談の上でラクトフェリン摂取をしましょう。

>>ラクトフェリンサプリのランキングをチェック!