ラクトフェリンでアレルギー体質を改善つらいアレルギー反応、個人差もあり辛さもひとそれぞれ。どうして自分だけがこんなにつらい思いをしないといけないの・・・と憂鬱な気分になってしまいます。
そんなアレルギーですが、ラクトフェリンを摂取していると軽くできるといいます。
ラクトフェリンを摂取するだけでつらいアレルギーが軽く済むのなら摂りいれてみたいですよね。
こちらのページでは、アレルギーとラクトフェリンの関係性をお伝えしていきます。
アレルギーと仲良く付き合っていけるよう、ラクトフェリンが一役買ってくれるといいですね。

腸内環境を改善させ免疫力を上げてアレルギーを抑制

ラクトフェリンには、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などを改善してくれる効果があるといわれています。季節性の花粉症に悩まれている方や、アトピー性皮膚炎に悩まれている方は、この成分を摂取して身体の中から体質を改善してみてはいかがでしょうか。

ラクトフェリンは、母乳や牛の初乳に多く含まれています。お母さんのお腹の世界から外に出た赤ちゃんにとっては、様々な病原菌に触れることになりますが、菌に対する抗菌作用や免疫力を強化させてくれる効果が、この成分には含まれているため、赤ちゃんが元気に育っていくことが出来ます。

また、腸内環境を改善してくれる効果があり、善玉菌の数が優勢になるため、身体の免疫力が高まります。免疫細胞のおよそ7割が腸の中に存在していますので、腸の活動が活発化されると、アレルゲンに対する抵抗力もついてくるのです。

腸とアレルギーはどう関係があるの?

腸とアレルギーはどう関係があるの?

腸内環境が改善されていくこととアレルギーに対する過敏反応が改善されることとは、どう関連性があるのでしょうか?

例えば日本人の4人に1人が花粉症だといわれていますが、花粉は鼻や喉から侵入してきます。鼻をかんだり、痰を吐き出すことによってアレルゲンとなる花粉をある程度排除することが出来るのですが、一部はどうしても鼻水を飲み込んでしまったり、痰を飲み込んでしまって、体内へ入り込んでしまいます。そのためアレルゲンが腸の中に届き、腸の粘膜を傷つけてしまい、腸細胞が破壊されて免疫力が低下しやすくなり、過敏反応も出やすくなります。

腸内環境が善玉優勢であれば、外部から入ってきた花粉というアレルゲンに対し、腸の中にいる多くの免疫細胞がこのアレルゲンと闘ってくれるため、花粉症の症状を抑えてくれるのです。

しかし、不規則な生活や食生活などで腸内環境が悪玉菌優勢になってしまうと、体内の免疫システムのバランスが崩れてしまいます。

免疫力が暴走しすぎてしまうと、免疫力が過剰に働き、通常であれば人間の害にあまりならない花粉程度のアレルゲンに対してもヒスタミンやロイコトリエンを放出させ、炎症を起こさせてしまうのです。

花粉が顔の皮膚につけば顔が痒くなってしまい、鼻に入ればくしゃみや鼻づまりが起きます。

気管支につけば咳が止まらなくなるなどの過剰反応が出てしまうのです。

ラクトフェリンは副作用のリスクが低くアレルギー抑制が可能

アレルギーは昔からありましたが、その言葉が実際に作られ、使われるようになったのは20世紀に入ってからですので、つい最近のことです。現在では花粉の他に何らかのアレルギーを持つ人は世界の人口の三分の一は存在しています。

これほど医学が発達した現代においても、完全に直すことは出来ません。病院へ行けばヒスタミンとロイコトリエンの産生を抑える薬が処方されるのですが、症状が出る間服用し続けると頭が痛くなり、喉の渇き、ふらつきなどの副作用にも付き合っていかなければなりません。

しかし、ラクトフェリンなら腸内免疫機能を強化させてくれる上、薬による副作用もなく、症状を緩和させていくことが出来るでしょう。

体質改善には長期間のラクトフェリンの服用を続けることが必要

体質改善には長期間のラクトフェリンの服用を続けることが必要

アレルゲンに対する過敏症状を抑えるには、薬を服用するよりもラクトフェリンで腸内の免疫力を向上させて、体質を改善させていく方が身体にとってよい方法でしょう。残念ながら完全に治していくことは難しいかもしれませんが、症状を少しずつ緩和させていくことは出来ます。

サプリメントを三カ月から一年以上続けて服用しつづけていくと、アレルゲンに対する過剰反応を抑えてくれる効果がありますので、体質を根本的に改善させていきたいという方は、試してみてはいかがでしょうか。

ラクトフェリンが含まれたヨーグルトも市販化されているので、ヨーグルトの乳酸菌との相乗効果でさらに腸内環境を良好にさせていくことが出来るでしょう。

サプリメントの成分含有量が一番多いのですが、花粉症に悩まされている方は、サプリメントとヨーグルトの両方、適正量を守りながら続けていかれるとよいでしょう。

体質を改善=悩みの症状を緩和

母乳に含まれているラクトフェリンにはアレルゲンに対する過敏反応を抑制してくれる働きがありますので、花粉症やアトピーなどに悩まれている方は、毎日摂取し続けるとよいでしょう。免疫細胞のおよそ7割が腸の中に存在していますので、腸内環境を改善させていくことによって、アレルゲンに対する過敏反応を抑えてくれます。

病院で薬によって過敏反応の症状を抑えることが出来ますが、長期間、ヒスタミンやロイコトリエンを服用し続けると、頭痛や喉の渇きなどの副作用にも耐え続けなければなりません。

しかし、この成分を服用し続けていけば、アレルゲンに対する過敏反応を緩和させていくことが出来ますので、薬による副作用に悩まされる心配もないでしょう。

即効性はありませんので、サプリメントやヨーグルトで毎日摂取し続けていくと効果を期待することが出来ます。

>>ラクトフェリンサプリのランキングをチェック!